FC2ブログ
eighty one
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚雷

今日はgajinさんと釣り♪

かなり寒い。
釣りをしない他人からすれば、寒いってレベルじゃない。

でも、それでも釣れてしまうのが海老鶴沼。

モコモコするほど着込めが、この寒さもそれほど苦でもない。


色んな話や、タックルを交換してタックルインプレッションをし合ったりで、寒さが和らぐ。

gajinさんがブーツを履き替えに車へ戻っている最中、ロングキャストしたフラッピンソニック改(ブレードチューン)に生命感らしき感覚が手に伝わる。

「ラインに引っかかったかな?」と思い、ロッドを止め、聞いてみる。

ロッドを止めてから2秒後くらいに微かに生き物だと感じ、とりあえずグリグリ巻く。
雷魚確定・・・。
それにしても ただ、重い!(笑

沖にいる時はあまり引かなかったが、近く(シャロー)に寄せてきてからは暴れだす。

ロッドがしなりすぎて、ギシギシ鳴く。
さらにはリールが壊れたのではないのかと思うほど、ハンドルがゴリゴリ言う。「後に、なんでもなかったことが判明。」

2009 1129 13344

87センチ。
ぶっとい丸太がつれましたぁ~。

それにしても太い。
周りに比較するものがないので、太さが伝えられないのが残念。


実は、23日にも75センチくらいの雷魚を釣ったのだが、写真撮影中に暴れられて沼に逃げられていた。




その後はシャッドで3回のアタリ。
1つは、ピックアップ中に足元で横からアベレージサイズががっついてきた。近過ぎて乗せられない。
他の二つのアタリは、雷魚の可能性が高い。
gajinさんにもアタリがあったが、ショートバイトで乗せられない様子。



だが、リアクション系には、本気で食ってくる感じがする。

その後は全くアタリすらなくなる。




gajinさんが体調不良で早めに帰るとのことだったので、自分も一緒に切り上げる。

あと、気温が2~3℃高ければ、モチベーションも長く続くだろうし、魚も今以上に活動してくれるだろう。

スポンサーサイト
少しばかり・・・

記録のため、ブログ始める前の画像を載せます。

顔写真での撮影が多く、載せれる写真は少ししかないですが・・・。







2007年7月14日 11時20分

フローターで人生初のロクマル。

スコーピオンEV 1651R

メタニウムMG

マシンガンキャスト14ポンド

フィナのブラシ付きジグ1/4オンス+デプス フラットワームポーク

当時、17歳

オーバーハングへスキッピングし、フォール中にアタリ。
アタリの時点でデカイと分かりました。
ファイト時間2分くらい。
フルドラグ状態では、クラッチを切らなければ確実にラインが切られるか、バットから折れてたであろうと思います。急いで陸に戻り、写真を撮ったあとに、ヘラ師にメジャーを借りにいきました。
あいにく、ヘラ師が持っていたメジャーは、モノサシのような50センチまでのもの。
とりあえず測ってみると、当然軽く振りきる。計測は家に帰ってから、写真に写るロッドと魚を比較しておこなった。おそらく62~63センチ。60を切ることもないが、65を超えることもないのは確か。
しっかり測りたかったと悔やんだ。

2007 0714 112943






2008年6月8日

とんすずさん主催のプカオフ会

タクティクス 66M ウォリアー

コンクエスト100

東レ ポリミアド14ポンド

ジャバロン160 

44センチくらいか・・
2008 0608 090238





同日オフカイ 第2会場で

タクティクス タイラントHD

メタニウムMG

FCスナイパー 16ポンド

ダイナゴン

45くらいか・・・
2008 0608 153914





海老鶴沼(真冬)

バイブレーション

40センチくらい
2008 1211 142758





スイングベイト

44センチ
2008 0712 11054




ジャバロン160

47センチ
2008 0712 14184




デスアダー6

47センチ
2008 1025 10505




デスアダー6

43センチ
2008 0928 131201




ジャバロン160

42センチ
2008 0723 162010





キャスティングジグ+レインズホッグ

45センチ
2008 0805 135044





ジャバロン160

40センチ
2008 0909 125504




デスアダー6

43センチ
2008 1025 102131





海老鶴沼

ワンナップシャッド5

雷魚65~70センチくらい
雷魚 65




同じく海老鶴沼

ワンナップシャッド5

40~43センチくらい
2009 0521 172132





A川  ラージ

バサルト

48か、49センチ。(はっきり覚えていない・・)
2009 0530 08330





A川  スモール

バサルト

48か、49センチだったような・・(はっきり覚えていない・・)
2009 0606 04285





釣果自慢ではなく、記録です(・・・汗

2時から出発♪

の前に、TACKへ寄り道。
本当はタイニーCCプレデターがお目当てだったが、
残念ながら在庫がなく、浅い沼には丁度良いかと思われるリップライザー60だけを購入。

現地に着き、お目当てのポイントに先行者の姿は見られない。
というか、バサー自体いない。

早速買ったばかりのリップライザー60を結び、キャスト~。
いかにも釣れそうな動き。

まだ昼なので、厚着をすれば快適な釣りになる。

30分くらい経った時、gajinさんから今から向かうとのメールが入る!

ドンドン投げるが、いつものポイントよりさらに奥のポイントは、投げる度に草がフック引っ掛かるためリズムがでない。
ということで、ロッドティップを上にあげながら操作することに(縦方向にトィッチ)。

バスのボイルはないが、ベイトフィッシュはドシャローでワサワサしている。
バスに追われている様子。
すぐさまキャストし、「グンッ」


       ↓


リップライザー60 28くらい




アベレージサイズが食らい突いてきた。

素直に嬉しい1匹♪

またしてもリアフック1本・・・・。



程なくしてフィールドに、なにやら覇気を纏ったオーラが感じられる。

gajinさんだ。

途中経過を報告する。
と同時に、夕暮れが近づいてきたのか、急に寒くなってきた。
風も吹き始める

次第に海老鶴特有の気味悪さが出てくる。


なんとなくロングキャストし、巻き始めてすぐに「ゴツゴツゴツ・・・」と、岩に当たるような感触が手に伝わる。

「こんなとこにゴロタなんかないだろ~」と思い、ロッドを止めて聞いてみる。





・・・・・・・・「グングンッ」


バスだ!

リップライザー60 アベレージ


ちっさい。
またしてもリアフック1本


どうやら手の感覚が無くなってきたせいで、アタリがよく分からなかったようだ・・。


gajinさんも何度かアタリがきていたが、ショートバイトで乗らない様子。

やはり、会話しながらの釣りはとても楽しい♪


明日も行くので、比較的暖かい昼に期待!!
指がとれる・・・

激寒の中、16時からちょこっと海老鶴へ。
釣りをしない他人から見たら、ただの馬鹿・・・(笑



ヘラ師は3名、バサーはゼロ。
当たり前か・・。

前回よりも30~40㎝ほど増水。


今回も冬定番のポイントに向かう。
スピニングに昔のTDバイブ(今回はシンキング・・)、ベイトにクランクをセットする。


とにかく寒い。

最初はバイブで、ゴロタのある付近へキャストを繰り返す。

数投で「ゴン!」

小さいが早々と釣れた・・・。


2009 1122 144115



フック1本掛かり・・。
硬い下あごに掛かってくれたため、バレずにすんだ。




17時には暗くなってしまうのでドンドン投げる。

手先の感覚がなくなるような寒さでも、夕暮れと同時に所々でボイルが始まった。

前回、gajinさんがバクラトで食わせたポイントでデカイボイルが起こる。
すぐさまキャスト!

リフト&フォールを2回くらいした後に、ただ巻きを開始した瞬間に「ゴンッ!!」

巻き寄せてくる次第に、デカイことが確認できる。

ジャンプはしないものの、左右へ走る。

ドキドキ感が増す中、なんとか足元まで寄せることに成功したが、リアフック1本掛かり。

陸にズリ上げようとした瞬間に、「ブチッ!」

・・・・


口が切れて、サヨウナラ~。




その後、携帯が「チャポン。」 水没・・・。

瞬時に救出したため、データーなどは消えなくてすんだが、電話をすると声がとても聞きづらくなってしまった。


前回良かったシャロークランクも数投投げたが、増水したため底にゴツゴツできなくなり、今回は使い物にならかった。


たった1時間しかしていないが、指が全く感覚がなくなった(笑

昼なら2時間はできたと思う。

晴れの日なら3時間かな(笑
14日



渋々と起床し、時間を見ると13時・・・・。
窓の外を見れば、ポカポカと晴れている。

なんとなくgajinさんもEB沼に出掛けているのではないかと思い、メールしてみる。
すると、すぐに「今着いたところです。待ってます」と返信がくる。
すぐさま、もうスピードで準備し、現地へ向かう。

水辺に着いてみれば、遥か向こうの対岸にgajinさんらしき方と、もう一人いるのが伺える。
とりあえず、釣りながら進む。
近くまで行ってはみたものの、2人で黙って釣りをなさっていたので、通り過ぎてしまった・・(笑
gajinさんのいるポイントより、さらに奥に進んだが、先行者がいたので結局ひき返してきた・・。
とにかく挨拶に行こうと思ったら、gajinさん1人だけになっていた。

「こんにちは!」と挨拶し、先ほどまで隣にいた人のことをお聞きしたところ、あのお方は
「常識のなっていない迷惑おじさん」だということが判明。
挨拶も無しに、割り込んできたらしい・・。


というのは置いといて、久々にお会いしたので最初のほうは少し緊張。(笑
色々なことを教えて頂いたり、お話をしながらの釣りはとても楽しい。


釣果というと、自分は25~28センチくらいのサイズを2匹・・・。
どちらもカットテール5インチ。

カットテール5 アベレージ



お隣のgajinさんは、自分の隣でナイスサイズのバスをクランクでキャッチ。

真っ暗になるまで釣りをし、また翌日のお約束をしてから帰宅。

1度家に帰り、TACKにPEラインを買いに行った。今日はラインが短くなり過ぎてストレスを感じていた。










15日。



今日もgajinさんと釣り!
いつものポイントで合流し、釣り開始。

開始すぐにこんなサイズをバイブレーションで・・

海老鶴 バイブレーション 20センチ



gajinさんに「チャンネル」の内容の濃いお話を聞かせて頂きながら、同時にバクラトでのレクチャーを見ていたその時!

豪快な仰け反りフッキングをする、あまりにもカッコよ過ぎる姿が隣に!!

そのまんま説明通りの展開であり、鳥肌が立つくらい興奮。

グットコンディションな40アップが バクラトをガッツリ咥えていました。

自分が釣ったわけでもないのに、しばらく興奮が続く・・(笑

EB沼の常識を、丸っきり覆した瞬間であった。

本当良いものを見させていただきました。






その後は何度かポイントを移動し、さらなるビックバスを追い求めたが、アベレージサイズをクランクで2匹で終了。

クランク 25くらい

ボアコン クランク アベレージ


クランク 25



こんなに寒い中でも釣れてしまうEB沼のポテンシャルは凄い。

これから本格的な冬が到来するが、懲りずに明日から通うとしよう(笑



30日。

こんなマメサイズが一匹(泣

海老鶴 ジャバシャッド 28㎝くらい






31日

ジャバシャッドの表層棒引きで5回以上も出たが1度も乗らず…。

ブッシュの奥で掛けるも、枝に巻かれて枝バケ。アタリを感じたら瞬時に即アワセをし、ドラグをガチガチにして強引に巻かなければならないと思った。









そして今日。   

出発前にこんなものを作ってみた。

上のは、カットテール6,5インチとワンナップシャッドリアルカラーのテール部分を切って、ライターでくっ付けたもの。
下のは、材料はカットテール6,5インチだけで作成。真ん中らへんを3センチほど切り、テール部分とくっ付けたもの。

ワーム紹介 カット6,5+ワンナップ




これがまた大ハマリ!

と言っても、2匹しか釣ってませんが…。

ウィードや、リリーパットの際を表層引きをすると面白いように「ガボッッ!」と出ます。
今日2時間ほどで7,8回は出たと思う。
中には突っつく程度にしか出ないバスもいたにで、乗せれなかった。


ルアーはどれも、「カットテール6,5+ワンナップシャッドのテール」。

テール以外のボディーは、ロールなどの動きはしない。
テールだけが動き、ボディーは全く動かない。
それが、なんとも良い具合。

それをトップで引くと、テールが良い感じに「ポコポコポコポコポコ……」と泡を出して引いてこれる。
それに素材同士も相性が良いのか、くっ付き具合がとても丈夫。

カット6,5+ワンナップ 28センチくらい


ちっさいけど、作ったルアーで釣れると嬉しい

想いつくことがあれば、すぐにでも作ってみようか。






それにしても…
11月の、こんなにも雨と風がビュービューで寒い日に、よくトップで出るなぁ~(汗







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。